Mac OSX に WildFly を導入する

Java の混乱でよくわからなくなった(というか多くの関係者がチェックするのも面倒くさくなった)のが、Java EE の仕様だろう。
現在(2020/7 月)のところ Java EE 9 (Jakarta EE 9 というのだろうか)は正式リリースされておらず、EE 8 でいいようだ。

ひさびさに WildFly サイトを覗く。

WildFly-osx.png

WildFly 20 というのが最新版らしい。

WF-javaEE.png

実装されているのは EE 8 ですね。
だから、とりあえず WildFly(WF) 20 入れておけば問題ないんだろう。

こちらより落としてくる。
今回は /usr/local に配置した。

wildfly20-osx-deploy.png

管理者を登録するために /usr/local/wildfly20/bin に置かれている add-user.sh を実行する。

次に /usr/local/wildfly20/bin の standalone.sh を実行。

WF-start.png
動いてますね。

適当なブラウザで http://localhost:9990 にアクセス。

wildfly-osx-chrome.png

ここで先に設定した管理者のユーザー名とパスワードを入力すると管理画面に入れます。

WF-console.png

あとは、 Java Web アプリ( .war ファイル)をデプロイするなり、なんなり、どうぞ。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

gitlove

FC2ブログへようこそ!